TOEIC初心者がリーディング・リスニングの点数を伸ばすには品詞分解が鍵

TOEIC初心者がリーディング・リスニングの点数を伸ばすには品詞分解が重要

 

max16011542_tp_v

対象:TOEIC初心者のリーディング・リスニングの点数を大幅に上げたい人

 

 

いきなりですが、あなたは品詞分解ができますか?

品詞分解ができなければ、リスニング・リーディングの点数の伸びにも影響します。

 

 

例文を挙げます。

My father are pleased to say that all of our sales objctives suggested by my father have been completed.

この文の品詞分解ができますか?

 

 

私がTOEIC340点だったころは、分かりませんでした。

何が分からなかったといいますと、まず単語です。

「pleased、objectives、suggested、completed」です。

しかし、単語の意味が分かったところで文の意味をとることができませんでした。

 

 

次に文法が分からなかったからです。

「My father are」 と「all of our sales objectives have been」 という主語と動詞がなぜ1文の中に2つあるのかが分かりませんでした。

その他にも、「pleased to say」 の「to say」 って何?そして意味はという感じでした。

あれ?「suggested」って動詞なの?いっぱい動詞ありすぎてどれがどれ?

そして、「have been」が何なのかも忘れていました。

 

 

そもそも形容詞ってなんだっけ?

副詞ってなんだっけ?

などもう基礎文法から壊滅状態でした。

 

 

この文章の意味は、「私の父は私の父が提案した売り上げ目標のすべてが目標に達成していて喜んだ」

この文章の言いたいことは、「売り上げ目標のすべてが目標に達成していた」ということです。

 

 

合っていましたか?

もし、少しでも意味が違っていたらそれは文法の間違えによる意味のずれかもしれません。

そして基礎文法ができていない可能性が高いです。

 

 

ちなみに私は、ガチガチな意味をとる必要はないと考えます。

ガチガチな意味とは、「私の父は私の父が提案した売り上げ目標のすべてが目標に達成していて喜んだ」

という訳の仕方です。

 

 

結局何が大事かと言いますと、文章が言いたいこと(伝えたいこと)なのです。

その文章が何を伝えたいかが分かればそれでいいのです。

 

 

つまり、「売り上げ目標のすべてが目標に達成していた」ということです。

この文章が言いたいことはこれです。

一番ダメなのは、文法の分かっていないことに気づいていない事です。

先ほど私が挙げた疑問が浮かんではいたけど、「まぁいいや」「まぁなんとなく、そんなもんでしょ」と言って、何も思わず先に進んでしまうとまた同じような文章でつまずきます。

 

 

まずは、少しでも分からない所は調べてください。

 

 

品詞分解の目的

 

con_uehon15084810_tp_v

品詞分解の目的は、文章の意味を正確にとるためです。

 

 

品詞分解で重要なのは「何が何にかかっているのか?」です。

 

 

例えば先ほどの例ですと、My fatherにかかっている述語は何?

All of our sales objectivesにかかる述語は何?

Suggested by my fatherにかかっているものは何?

 

 

My fatherにかかっているのは、are pleasedです。

To sayは不定詞です。

不定詞の中でも、副詞的用法です。

形容詞を修飾するのが副詞なので副詞的用法です。

意味は、「~して」となります。

 

 

Sayという動詞は、sayの後にthat節(that s v)がとれる動詞です。

つまり、thatの後が目的語になります。

 

 

例「I said that you are young.」

あなたは若い(と私は言った)。

 

 

All of our sales objectivesにかかっているのは、have been complicatedです。

Suggested by my fatherにかかっているのは、all of our sales objectivesです。

そして、have beenは受け身完了形です。(名称はあっているか分かりませんが)

受け身なので、Vpp(過去分詞)であるcompletedを使います。

という事が分かれば、意味が取れてきます。

 

 

最初から訳していきます。

My father are pleased to say・・・私の父は喜んで言った。

that all of our sales objctives (suggested by my father) have been completed.・・・(私の父が提案した)売り上げ目標のすべてが目標に達成していた。

 

 

つなげると、「私の父は、(私の父が提案した)売り上げ目標のすべてが目標に達成したと喜んで言った。」

この文章で言いたいことはやはり、「売り上げ目標の全てが目標に達した」ということです。

 

 

Part5・Part6対策のための品詞分解

 

ook9v9a6914_tp_v

Part5・Part6には品詞を問う問題も出てきます。

例を挙げます。

 

 

You are (   ) person.

 

  1. succeed
  2. successful
  3. success
  4. successfully

 

 

という問題が品詞問題です。

これを見極めるには品詞を知らなければ見極めることはできません。

そして、基礎文法ができていないと分からない事です。

 

 

  1. successedが動詞であるということが分かれば、1文にふたつの述語(ここではare)があるのはおかしいと判断できます。
  2. successfulが形容詞だと判断できれば、形容詞の後には名詞がとれると判断できpersonという名詞が来ているので正解です。
  3. successが名詞であると分かれば、personという名詞が来るのはおかしいと判断できます。
  4. successfullyは副詞であると分かれば、副詞は形容詞や動詞を修飾するはずなので次にpersonという名詞が来るのはおかしいと判断できます。

 

なので、答えは②になります

 

 

ここでTOEIC初心者に重要な事は、「フィーリング(感覚)」で問題を解くのではなくて、「なぜそうなるかを説明できて答えを選ぶことができる」という事が大事です。

Part5・Part6問題集を解くときには必ず「なぜ?その答えになるのか」を必ず説明できるようにしてください。

「なんとなくそんな感じだから」「答えを暗記」するのは全く意味がないです。

 

 

全て説明できる方は、「フィーリング」で解くようになっても問題ないです。

品詞分解ができるようになると、このような品詞問題は確実に解けるようになります。

もし、解けなかった人は基礎文法からやり直すことをお勧めします。

 

 

Part7対策にもなる

 

ook9v9a6892_tp_v

私が品詞分解ができるようになったほうがいいというのは、Part5・Part6対策もそうなんですが、実はPart7のためです。

品詞分解ができると、先ほど紹介した「My father are pleased to say that all of our sales objctives suggested by my father have been completed.」という複雑な文章でも意味が取れるようになります。

 

 

TOEIC初心者はこのような複雑な文章が読めないという事が多いと思います。

少なからず、私はそうでした。

 

 

「My father gave me a car.」のような主語と動詞がわかりきっている文章であれば読める人が多いのではないでしょうか。

しかし、先ほどのような主語と動詞がいっぱいあり、どれがどこにかかっているかが分からなければ意味が取れないという文章は苦手な人が多いのではないでしょうか。

 

 

余談ですが、「gave」という動詞の後に目的語「me、a car」という2つの目的語が取れる理由が分かりますか?

 

 

この理由を知っておくというのも品詞分解のひとつです。

「gave」は第4分型「SVO1O2」という形をとることができる動詞だからです。

 

 

そしてここでの意味は、「O1にO2を与える」という意味です。

つまり、「私に車を与えた」という意味です。

 

 

その他にも、

「tell O1 O2」・・・O1にO2を伝える

「show O1 O2」・・・O1にO2を見せる

 

などなどあります。

これらは知っておかなければなりません。

 

 

話を戻します。

 

長文が読めるようになりたいのであれば、まずは品詞分解ができることです。

TOEIC公式問題集Part7全ての長文を品詞分解してみてください。

品詞分解ができれば、すべての意味が取れます。

 

 

なので、自分が「なぜその問題が解けなかったのか」が分かります。

私は、公式問題集Part7を1度解いてから次に進むのではなくて、解いた後必ず文章の品詞分解をしています。

そして、そのあとに音読学習・リスニング学習をしています。

 

 

その効果があってか、TOEIC340点のころとは文章の意味を正確に取れるようになりました。

そして、読むスピードもあの頃とは早くなりました。

 

 

私が現在教えているTOEIC初心者の生徒の方も、必ず品詞分解ができるように教えています。

まだ、実践には移っていないため効果を実感していただけていないですが、必ず効果を実感されると思います。

 

 

品詞分解はリスニングにも効果がでる?

 

ook58_ongakukikuyo_tp_v

私がTOEIC初心者だったころは、リスニングが流れてきて「単語」だけ意味をとっていて回答を選んでいました。

そして「単語」「単語」の意味を繋げて文章の意味をとっていました。

そもそも基礎文法を理解していないので、文章を理解できるはずがありません。

「はっきりとこうだから」という理由で説明することはできないですが、私は確かに効果を実感しています。

 

 

品詞分解ができるようになるためには

 

bizz2girl20160902392216_tp_v

文章が読めないという方や点数が伸び悩んでいるという方は、まずは基礎文法のおさらいから始めましょう。

 

 

私は、中学文法を1からやり直しました。

当然知っている・覚えている個所もあったのでそこは飛ばしました。

 

 

私は中学文法を1からやり直してよかったです。

なぜなら、抜けていたところがたくさんあったからです。

この抜けている穴が大きければ文章は読めるはずありません。

 

 

そして、最初は「中学文法ぐらい出来ている。なめるな。」という感じでした。

しかし、いざ始めから勉強していくと基礎文法がボロボロだったということが分かりました。

 

 

私がお勧めする基礎文法教材

 

pa151026263510_tp_v

こちらです。

・中学文法をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

・新TOEICテスト英文法をはじめからていねいに

中学文法をもう一度ひとつひとつわかりやすくは、少し厚い本ですが、TOEIC初心者で基礎文法が分からない人にはかなりオススメです。

文法に不安がある方はまず、最初に紹介した、中学英語をもう一度ひとつひとつ分かりやすく。の次に2番目に紹介した、新TOEICテスト英文法をはじめからていねいにを使うことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

 

英語は品詞分解が命だといっても過言ではないです。

もし、文章が読めない・点数が伸びないと悩んでいる方は、基礎文法ができているかもう一度確かめてください。

もし、抜けている個所があったらそこが原因で点数が伸びないこともありえます。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました